審美歯科

ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯を削らずに白くするホワイトニング

ホワイトニングとは変色した歯を削らずに白くする方法です。

歯の表面から行なう場合は、薬剤を歯の表面に塗り、レーザー光・高周波電流などを当てて漂白効果を促進します。
歯を削らないので痛みはありません。

年をとって黄ばみが強くなった歯、神経のある歯ない歯、ほとんどの歯を白くできます。

変色の程度によっては1回の治療で効果を見せます。
平均して2~4回の通院が必要です。
歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があり、併用することもあります。

ホワイトニング治療のスケジュール

ホワイトニングのスケジュールまずは口腔内の診察を致します。
虫歯などの治療が必要な歯があるとホワイトニングに影響しますので、先に治療します。
次にトレー作成の為の型取りをし、専用のマウストレーを作成します。

通常のブラッシングでは取れない歯の汚れや歯石を除去し、溶液の入れ方やはめかたなどマウスピースの使用法を教えます。
その後、液を入れ、マウスピースを口へ装着し就寝します。

約一週間後に定期検診を行ない、汚れの強い場合など、オフィス・ブリーチングが必要な場合は施術します。

ホワイトニング効果が充分に出たら、色付きが起こりにくいようにフッ素を塗布します。
その後は、定期的なメンテナンスを行って下さい。

 

ホワイトニングの術例

ホワイトニングの効果には個人差や同じ方の歯でも多少の差はありますが、ホワイトニング前と比べると明らかに本来の歯の白さを取り戻します。
オフィスホワイトニングの場合はその直後から、ホームホワイトニングの場合には約1~3週間で効果を確認できます。

ホワイトニングのビフォーアフター

ホワイトニング治療の種類

ホームブリーチング

15-004

歯科医師の指導のもとで、自ら自宅にて施工する漂白方法です。
手軽に行えますが、自己管理と効果を得るまでにある程度の時間が必要となります。

オフィスブリーチング

15-005

クリニックにて歯科医師が施術する漂白方法です。
その場ですぐに効果が現れますが、あと戻り(漂白前の歯の白さに近づくこと)も早い場合があります。

デュアルブリーチング

15-006

ホームブリーチングとオフィスブリーチングを併用する方法です。
個々人によってタイムスケジュールや組み合わせ方が若干違いますが、単独方法よりも早く、高い効果を得ることができます。

ホワイトニング治療の安全性について

漂白ジェルの主成分は過酸化尿素及び過酸化水素ですが、共に安全性に問題はありません。
実際、アメリカでは20年以上にわたり数十万人がこの治療を受けましたが問題は報告されていません。

ブリーチングで期待通りの効果が得られなかった場合は?

ブリーチング方法は、万全ではありません。
より理想的な歯を求められる場合は、ラミネートベニヤ等の方法がありますので、かかりつけの歯科医院にご相談ください。