インプラント

インプラント治療・手術

インプラント治療の流れ

初診・インプラント治療のご相談

まずはインプラントのご相談から

まずは歯の現状を詳しくお聞きし、インプラント治療がどうゆうものなのかをご説明致します。まだまだ聞き慣れない治療法だと思われる方もいらっしゃいますので、きちんとご理解し、ご納得頂けるまで、何度でもご相談をお受けします。ご相談時は治療はいたしません。またこの時点では一切の費用は要りません。

nextstep

診査・診断と治療計画

インプラント治療が可能かどうかの診査

お口の中の診査とレントゲン写真を撮影してインプラント治療が可能かどうかの診査などを行います。
口腔内写真と歯型を採取し、必要に応じて血液検査やCT撮影を行います。

その後、一生に渡る心身の健康を踏まえた適切な治療計画を立て、ご説明いたします。

nextstep

手術

インプラントの手術

歯がなくなった部分の顎の骨の中にインプラントを埋め込む為のスペースをつくります。局所麻酔を十分に使用して行ないますので痛みを感じることは、ほとんどありません。

その後、空けたスペースに元の歯の形に合わせたインプラントを埋め込みます。埋め込んだら歯肉で蓋をし、インプラントと顎の骨が一体化するのを待ちます。
約3ヶ月~5ヶ月でインプラントと骨が強固に一体化します。

nextstep

人工歯の制作、装着して完成

アパットメントと呼ばれる土台を取り付け、人工の歯を連結して装着

審査時のデータを元に、歯科技工士の方がひとりひとりの患者さんに合った人工の歯をカスタムメイドで制作します。顎の骨と一体化したインプラントの頭の部分に、アバットメントと呼ばれる土台を取り付け、人工の歯を連結して装着します。

インプラントによって支えられた歯は従来の入れ歯やブリッジと違い、隣接する歯を支えにしたり、削ったりする必要が無く、また外に見えるのは人工の歯だけなので、自然の歯のような見栄えと噛み心地を実感出来ます。

インプラント治療後はメンテナンスが大事です。

毎日インプラントのメンテナンスを

インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠り、そのまま放置すると歯周病などで傷んでしまいます。
長持ちさせるためには、食後のブラッシングや定期検診はとても重要です。
特に異常がなくても、半年から1年に一度は定期検診を受けるようにしましょう。

また、インプラント治療に際しては、口腔衛生(お口の中の清潔さ)への高い意欲が必要となります。
お口の中を清潔に保つ事が難しい場合は、治療を断念する事がありますので、予めご了承下さい。