インプラント

インプラント

インプラントとは

人工歯根(インプラント)をいれて再び噛む機能を 回復させる治療インプラント

歯を失った部分に、人工歯根(インプラント)をいれて再び噛む機能を回復させる治療のことです。入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになります。入れ歯のように取り外す要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

インプラント治療のメリット

インプラントで快適な食生活をできるメリットがたくさん

◆メリット1
自分の歯と同じように噛むことが出来ますので、違和感がありません。

◆メリット2
健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。

◆メリット3
見た目も自然で人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

こんな場合にインプラントをオススメします

インプラントをお勧めする対象者

●入れ歯に抵抗がある。
●入れ歯を固定したい。
●奥の歯が抜けたためブリッジができない。
●ブリッジにするため健康な歯を削りたくない。
●抜けている歯の数が多くブリッジでは支えきれない。
●事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラントと従来の治療方法の違い

一本欠損の場合

一本欠損の場合

従来の治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

一本欠損の場合:従来の治療

インプラント治療

欠損部にインプラントを埋入し、人工の歯を単独で装着。

一本欠損の場合:インプラント治療

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端)

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端)

従来の治療

部分入れ歯で治療。隣の健康な歯に維持の為の鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

 

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端):従来の治療

インプラント治療

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療。インプラント同士を連結したブリッジ。

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端):インプラント治療

完全に歯が無い場合

完全に歯が無い場合

従来の治療

土台になる歯が無い為、総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事が美味しくない、上手く話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

 

完全に歯が無い場合:従来の治療

インプラント治療

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かないしっかりした義歯にすることが出来ます。顎の状態によってはインプラントで一本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

完全に歯が無い場合:インプラント治療