入れ歯(義歯)

入れ歯

入れ歯でお困りの方へ

入れ歯の種類はとても豊富で、患者様の状況によって使い分けることが出来ます。
患者様によっては金額、見た目、噛み合わせ等何を重要視されるかは人それぞれです。
鹿ノ台クリニックでは、40年に渡り培った経験、技術と患者様により沿ったカウンセリングを元に最適な入れ歯を提案出来るよう努めさせて頂きます。

●入れ歯がすぐ外れてしまう
●見た目が気になる
●食事がおいしく感じられない

…等、ご自身やご家族の方が入れ歯でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

保険適用の入れ歯について

保険適用の入れ歯は保険制度によって材料や構造などが定められています。
部分入れ歯、総入れ歯ともに、レジン床というプラスチック製の土台に人工歯を並べた物になります。
部分入れ歯は金属のバネで固定する仕組みも加わります。
プラスチック製の入れ歯のため若干の厚みがあり、多少の制約はありますが、経済的な入れ歯です。

◆メリット
・治療費が安い。
・壊れても修理しやすい。

◆デメリット
・食事時に、冷たい熱いなどがわかりにくい
・厚みがあり違和感を感じやすい
・破損しやすい
・長期使用による汚れなどが目立ちやすい

保険適用外(自費)の入れ歯について

自費診療の入れ歯には保険制度の制約がありません。
これは最大のメリットで、見た目や装着感、良好な口腔機能の追求など、様々な工夫を凝らすことができます。
そのため、多彩な技術と多様な材料を使用した、ご希望に沿った最良の入れ歯が可能です。

金属床義歯

入れ歯の主要部分を金属で作った金属床義歯金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。
レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため、快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。
金属ならではの薄い仕上げは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

精密義歯
保険で使えない器具、材料、薬、を使って最高の技術をもった技工士が作る入れ歯

精密義歯とは保険で使えない器具、材料、薬、を使って最高の技術をもった技工士が作る入れ歯です。隙間なくお口にフィットし、快適で見た目もよく、しっかり噛める入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー
金属製の金具の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えるノンクラスプデンチャー

ノンクラスプ義歯は、金属製の金具の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。
そのため、口を開けても金属製の金具が見えないので、審美性に大変優れています。
また、入れ歯が外れたり、ずれたりすることが少なくなることや、残っている歯へ負担を減らすことができます。

コンフォートデンチャー
硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆うコンフォートデンチャー

硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。

インプラントオーバーデンチャー

オーバーデンチャーによるインプラント治療とは、インプラントを2本埋入し、ボールアタッチメントを取り付けます。
それにより、入れ歯が横滑りする・回転する事を防ぎ安定して、お使い頂く事が出来る治療方法です。また、今まで通りご自身で入れ歯を外すことが出来るので、ご高齢の方でもきれいに清掃する事が出来ます。

ミニインプラントデンチャー

少量の麻酔をして、直径1.8ミリの細いチタン製ネジを歯ぐきの上から埋め込みます。 麻酔をしますので痛みはありません。 そして入れ歯の裏側に特殊な金具を付けてちょうどホックで留める様に入れ歯とネジは、「カチッ!」とかみ合い簡単に入れ歯を留めたり外したりできます。